Event is FINISHED

売上を最大化させるPR担当者が持っているマーケティングマインド

Description
マーケティング・営業部と連携をしながら、直接目に見える
業績貢献を行い、会社の未来をあなた主導で描いていく。

そのような戦略的PR広報活動ができるようになる方法を3時間で公開します。


本来、PR広報業務とは社長が行うべき領域で、
全社戦略を基に会社の未来を創る重要な業務であり、
これほど影響度が強く、難易度が高い職業はありません。

しかし

会社の規模が大きくなり、分業していく過程で、
PR広報部だけが切り取られてしまい、担当者は
本来身に着けるべきマーケティングや広告・
ブランディング知識を身に着ける機会がないまま、
限定的な範囲のPR業務に追われてしまっています。


その限定された範囲内でいくら実践を繰り返しても、
本来PRに求められる業績貢献の成果を出すことは
難しいというのが現状です。


全社戦略の視点から営業・マーケティング部と
連携して成果を出していくためには特定の重要な
スキルと知識が必要であり、そのスキル知識こそが
「マーケティング」であり「集客」スキルです。


集客において重要なのは「集める」のではなく、
「集まる」仕掛けをこちら側からいかに創り出せるか。

そして、顧客が自ら集まるようになるためには、
顧客が自ら手に取りたくなるような
USP(Unique selling proposition)が必須になってきます。

これまで数多くのPR・ブランド・マーケティングの
コンサルティングを通じて、そして事業会社で日本の
地域創生ホテルブランドをゼロから創り上げてきた
実績を持つ講師から、プロのUSPデザインスキルを
あなたに伝承し、マーケティングで成果が出せる
人材の物の見方を身につけていただきます。

ぜひこの3時間を通して、戦略的PR活動を身に着け
目に見える業績貢献を行うきっかけにしてください。



■当日の講座内容一部
・ビジネスの本質とは顧客の問題解決である。
・マーケティング部でさえ知らないことが多い、商品開発で切り分けるべき2つの商品群
・広告宣伝費を集客商品で捻出すべきではない理由
・顧客リストがなくても売上を最大化させるジョイントベンチャーの作り方
・USP(Unique selling proposition)は自社のウリではなく「究極の顧客への約束」
・PR広報が攻める顧客層はマーケティング部と一緒ではない
・攻めるベンチャーが狙うべき顧客層はどこに潜んでいるのかを徹底解説
・PR広報が身に着けるべきセールスは「世界観セールス」
・顧客は商品を買うのではなく、意味を買う
・申込率を劇的に向上させるリスクリバーサルだが、本質は「顧客を守ること」
・顧客の創造は「イノベーション」「マーケティング」の2通りしかない
・顧客の問題を見つける際に「ヒアリング」をしてはいけない
・感謝をされる形にするというのがマーケティングの本質
・気骨ある企画書とは、既存部署と新規の相反するものを橋渡し、合意形成させるもの


■この講座であなたが手に入れるもの
・ビジネスの本質を理解することで、自社の経営戦略の理解が深まる。
・マーケティングを理解することで、売上に直接貢献するPR戦略が作れる。
・どの顧客から狙うべきかが明確になり、具体的な戦略策定ができる。
・マーケティング部の持つ知識を習得することで、共通言語ができ連携が容易になる。
・戦略的PRの観点から商品開発ができるため、会社の未来を主導することができる。
・人間の本質的理解が深まるため、話題にされるための仕掛けを作ることができる。

■受講対象者
以下のような課題を抱えている方はぜひご参加ください。

・PR活動が自社の業績向上にどれだけ直接貢献しているか見えない
・攻めのベンチャー企業広報として仕掛けるべき手順がわからない
・広告や営業、マーケティング部と連携が上手くできていない
・具体的なKPIが曖昧で、どこまで実践すればよいか不安
・話題になるための仕掛け方や文章の書き方が知りたい

※あくまで現役でPR広報を担当している方が成果を出すための
 講座設計のため、PR業務未経験の方はご遠慮ください。


■参加者特典
9月に開催した第0回「戦略PRのマインドセット」の
録音データを無料プレゼント



■講師紹介
<講師名>
李 英俊(リ ヨンジュン)氏

<所属>
Mind set株式会社 代表取締役

<経歴>
トップ人材の指導者として、マーケティング・事業開発・
リーダーシップ開発に圧倒的な強みを持つ。

経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、
官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事し、
世論が形成される様々な政策の裏舞台を経験する。

その後、インキュベーター企業でビジネスプロデューサー
(マーケティング&セールス領域)として活躍し、世界的に
有名な最大手飲料メーカーや最大手スポーツブランドの
日本戦略のコンサルティングを担当し、売上増加と
ブランドシェア向上に貢献する。

2008年よりターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業で、
新規事業開発、マーケティング、コンサルティング事業の責任者を兼任。
2010年には同社で取締役に就任し、日本各地に点在する古民家を、
その歴史性を尊重しながらリノベーションで複合宿泊施設として
再生していくブランド「NIPPONIA」を立ち上げる。

そして、城下町全体をホテルとして昨年末立ち上げた
「篠山城下町ホテルNIPPONIA」はオープンから半年で
様々なメディアに取り上げられ、Casa BRUTUS
「今泊まるべき日本の宿50」ではベスト4内に
ランクインさせるブランドとして成功させる。

※参考記事
・NIPPONIA HP

・Casa BRUTUS「今泊まるべき日本の宿50」掲載ページ

・講師によるfacebookに投稿した関連記事



■今後の企画スケジュール
本講座は、半年間かけてマーケティング・広告・ブランディングの
観点を横断的にカバーしながら、戦略的なPR活動に必要な
セオリーをつかんでいただくことを目的として設計されています。

【第1回】10月24日(月)19:00~22:00→マーケティングマインド
【第2回】11月28日(月)19:00~22:00→ソーシャルライティング・セールスライティング
【第3回】12月26日(月)19:00~22:00→企画&リサーチ
【第4回】1月23日(月)19:00~22:00→デザイン設計
【第5回】2月27日(月)19:00~22:00→ブランド論
【第6回】3月20日(月祝)10:00~18:00→グループコーチング&ビジネスコンサル

※第2回以降の講座をお申込み希望の場合はこちらからお手続きください。


※講義風景

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 売上を最大化させるPR担当者が持っているマーケティングマインド に変更されました。 Diff 2016-10-15 22:54:44
More updates
Mon Oct 24, 2016
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
申込者に個別でお伝えします。
Tickets
参加特典付チケット ¥5,000

On sale until Oct 23, 2016, 1:00:00 PM

Venue Address
申込者に個別でお伝えします。※東京駅・有楽町駅界隈 Japan
Directions
東京駅・有楽町駅からともに徒歩5分程度
Organizer
Blossom
105 Followers